研修会

WORKSHOP
研修会

研修レポ:0光年芸術展-東区プラ座-ができるまで

昨年12月から開催してきた、新潟県障害者芸術文化活動普及支援人材育成研修

「みんなで学ぼう、みんなで作ろう展示会」。

福祉団体の方、障害がある表現創作活動をしている方を対象とした、作品の展示会を作る研修です。

2月16日(土)~18日(月)まで開催の「0光年芸術展-東区プラ座-」は、この研修の参加者で作り上げています。

研修で学んだことを実践する展示会です。

 

〈リンク:https://lalart.info/exhibition-event/「0光年芸術展」って何?①-どんな芸術展なの/

〈リンク:https://lalart.info/exhibition-event/【-「0光年芸術展」って何?②-これまでの展示と/

 

講師にはこれまで国内外で多くの展覧会を実施し、障害者アート関連の展示実績も持つ、

新潟市美術館館長の前山裕司氏をお招きました。

 

 

この研修では「障害のある方の作品だから」という考え方ではなく、

その作品自体にどんな魅力があるか?その魅力を引き出すためには、どんな展示方法が良いのか?

ということを中心に置いてきました。

 

 

「障害者アート」の分野に限らず、どこにでも活躍の場を広げられるようなノウハウや技法を学んでいます。

 

 

全4回の研修も、残すところあと1回となりました。

研修での学びが活きていることが、研修中に既に目に見える方もいらっしゃいます。

問いを持ち、積極的に学び、実践する姿が印象的です。

 

どのような作品がどのように展示されているのか、

この研修の成果を、東区プラザでご覧ください。

 

【0光年芸術展-東区プラ座-】

2月16日(土)~18日(月)

10時~18時 ※最終日は16時まで

東区プラザ1階エントランスホールにて